自分の頭皮の臭いがクサいと感じているなら、頭皮の臭いの原因を知っておいた方が良いですよ。
頭皮の臭いの原因によっては、医師に診てもらわないといけないケースもあります。
近くに人が寄ってきたら自分の頭皮の臭いが気になって仕方がない。
なんて人は自分で出来る対処法もありますので、このサイトを参考にしてみてください。

 

頭皮の臭いの原因は

頭皮の臭いがクサくなる原因は、頭皮の皮脂量が影響してきます。
皮脂は時間が経つと頭皮の毛穴に溜まります。
この溜まった皮脂が多くなると、雑菌が繁殖してクサイ臭いの元になります。
特に男性は男性ホルモンの影響で女性よりも皮脂量が多いのでクサくなりがちです。
その他の原因としては、ストレス、食生活、加齢などもありますが、日々の洗髪などのケアによる可能性もあります。

シャンプーによるもの

普段使っているシャンプーが界面活性剤という成分が入っているシャンプーですと、界面活性剤があなたに合っていない可能性があります。
界面活性剤が頭皮の皮脂を必要以上に落としてしまうことがあります。
皮脂を落としすぎると、頭皮が皮脂を補うために多く分泌するため、多く分泌された皮脂によって菌が繁殖されてしまい臭いの原因になってしまいます。
界面活性剤を使用していないシャンプー

自然乾燥によるもの

男性は髪を洗った後、髪を乾かさず自然乾燥する人が多いのではないでしょうか。
この髪を洗った後に自然乾燥させると、菌が繁殖されやすくなってしまいます。
洗髪後は面倒でもドライヤーで髪を乾かすようにしましょう。

 

頭皮が臭くなるのは病気の可能性も

頭皮が臭くなる場合、病気の可能性があるかもしれませんので以下の症状がある場合は医師に診てもらいましょう。
脂漏性皮膚炎(しょうろうせいひふえん)
頭皮や鼻、頬、耳の裏側などは皮脂が多く分泌される箇所ですが、頭皮の場合はフケが多くなったり、大きいフケが出ることがあります。
接触皮膚炎(かぶれ)
シャンプー、トリートメントなどの洗い残しが原因で頭皮が炎症を起こしてフケが出たり、浸出液というじゅくじゅくとした汁が繁殖して臭いの原因になります。

頭皮の臭いの対処法

頭皮の臭いの対処法は体の内面から変えることと、シャンプーなどの洗い方を変えることで対処することができます。

 

体の内面から変えるためには生活習慣を見直します。
  • 食生活…脂っこい食べ物を減らして野菜を多く食べる。
  • 運動…自分に合った運動で体力アップする。
  • 飲酒…適度な量で飲みすぎに注意
  • 喫煙…喫煙の本数を減らすか、できればやめる。

 

効果的な方法で洗髪(シャンプー)する。

 

髪を洗う前にブラッシングする

髪を洗う前にブラッシングしておくことで髪が摩擦しないので髪が痛みません。
また、シャワーだけでは落とせないフケなども事前に落とせるので効果的です。

シャンプーする前に42℃以下のお湯のみで洗う

42℃以下のお湯で2〜3分程度洗います。お湯のみで洗うだけでも頭皮と髪の汚れ(皮脂、汗、ほこりなど)が落とせます。
この間、毛穴が開きますのでシャンプーする時の補助になります。
頭皮をマッサージするように洗います。

シャンプーを泡立ててから髪を洗う

シャンプーを手に取ったら、まず十分泡立ててから洗いましょう。
泡立てずに直接髪につけると摩擦で髪が痛む原因になります。
洗い方は、頭皮をマッサージするような感じで優しく洗います。

洗髪後シャンプーはお湯でしっかり洗い流す

洗い終わったら、お湯の温度は38℃くらいでシャンプーが残らないように、しっかりすすぎます。
お湯が熱いと頭皮に必要な皮脂までも落としてしますので注意しましょう。
また、シャンプーが残ってしまうと、頭皮の臭い、かゆみ、炎症などにも繋がります。
シャンプー後、トリートメントを付ける場合は頭皮に付かないようにしましょう。
またトリートメントは髪が痛んでいないのであれば付けなくても大丈夫です。トリートメントする場合は付けてから1分程度で洗い流しましょう。

タオルで拭く

タオルで拭くとき、ゴシゴシと素早く擦らずに頭皮をマッサージするような感じで水気を取ります。
バスタオルなどの大きめのタオルを使うのが良いでしょう。

ドライヤーで乾かす

短髪ですぐに乾くからと自然乾燥をすると、菌が繁殖しやすい状態になっているのでドライヤーで乾かします。
ドライヤーは同じ所に集中して当てずに、全体に当てるようにしましょう。

 

頭皮の臭いの対処法まとめ

自分の頭皮からクサイ臭いがするのがシャンプーの可能性があることがわかりました。
シャンプーにはいろんな種類がありますが、界面活性剤の入っていないシャンプーは、薬局で安く売っているシャンプーとは異なって薬局では売っていないことがあります。
本気で頭皮のケアを考えているのであれば、このサイト内で紹介していますので参考にしてみてください。
また、シャンプーだけでなく体の内面からも改善していってください。
最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

界面活性剤を使用していないシャンプーはこちらをクリック